春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
ドブレ700SLユーザーが青白いオーロラ炎で感動した様子をブログにアップしている。

しあわせの時「青すぎる炎

比較的簡単にオーロラ炎を立ち上げることができるネスターマーチンにカラーコーンを入れて、手軽に青すぎる炎を再現してみた。

resize1830.jpg

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

11月3日(昨日)のデータ
■クリック数  42(11.8%)
■アクセス数 356

《記事が面白いと思ったら上の画像クリックをお願いします。翌日の記事で本日分の情報を公開します》

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
ん?って感じで面白いですw
たしかに“青すぎ”ますねwww
かなり笑えました。楽しい記事をありがとうございます!

これからはクリスマスが待ち遠しい季節なので試してみようかな。

2013/11/04(月) 17:10:12 | URL | pumpkin head #-[ 編集]
クリスマスなどのイベント時に
pumpkin headさま:

非日常の楽しみのために使うのが面白いと思います。

2013/11/04(月) 17:22:40 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
ご質問させてください
かわはら様、

こんにちは、初めまして。
タイトルとはあまり関係なく恐縮なのですが、ご質問させてください。

今、ドブレ・ヴィンテージ50を導入しようと、炉壁の検討をしています。
外壁と炉壁の間に25mmの空気層を設けるのはOKなのですが、
その空気層と外部(=室内)との換気口は、設けるべきでしょうか?

対流による断熱という論理からすると必須だと思うのですが、
Part1 含めブログに載せられている写真を見ていると、空気層の左右と
上側を笠木などで完全に密閉している(ように見える)炉壁が多く、
必須なのかどうなのか、分からなくなってきました。

今の予定は、外壁→空気層25mm→ケイカル板→ブリックタイル→
80mmスペースを開けてヴィンテージ設置(二重煙突)、です。

当初は、炉壁の下部と上部に、小さな換気用のスリットを複数設けようと思って
いたのですが、軒天用の換気口くらいしか、良い大きさのものが見当たらず…
ホコリやゴミが空気層に入りそうなので、できれば完全密閉してやりたいです。
2013/11/05(火) 01:28:37 | URL | Ura #-[ 編集]
別の記事にしました
Uraさま:

炉壁の考え方は別途記事にしましたので、そちらをごらん下さい。
2013/11/05(火) 07:23:55 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/449-1c118f98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック