春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
このブログの前身のシーズン1を熟読して、自分で二重断熱煙突を自作してDIYで煙突工事した人の、長野の家に招待されていた。

どうせ台風の接近で薪の配達もできないし、身動きも取れないので行ける時に行こうと思って動いた。

薪ストーブは長野の鉄工所に、自分の要望を伝えて天板の蓋の取れる煮炊きに活用できるパワフルかつコンパクトなモデルをオーダーで作ってもらったということだった。とても高性能なことは、ちょっと見ただけで感じ取れた。シンプルなデザインで使い勝手も良く、好感が持てるデザインだ。奥様もお気に入りで、ご主人の「他の欧米製の薪ストーブに入れ替えようか」という話にも食いついてこないそうだ。

土地柄、赤松、唐松をガンガン焚いているということだけど、タールや煤の付着も極少だということだ。やっぱり乾燥が重要で、樹種は二の次ということが、ここでも証明されていた。

自分のブログがきっかけで、薪ストーブを導入してバリバリ使いこなしているのを、実際に見せてもらうのは、この上ない幸せなことだ。

美味しい地元の料理をごちそうになって、温泉に入って、薪ストーブの炎を見た後にこの記事を書いている。

翌朝には薪作りの現場に連れて行ってもらう予定だ。

resize1688.jpg
炉台も十分に広く使い勝手が良い

resize1689.jpg
炉壁もしっかり空気層が確保されている

resize1690.jpg
煙突も自作とは思えない仕上がり

resize1691.jpg
炎もオーロラが出ていて綺麗だった。エアーコントロールも効いていた

resize1692.jpg
天板で直火調理できるのは魅力的

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

10月24日(昨日)のデータ
■クリック数  53(10.6%)
■アクセス数 501

《記事が面白いと思ったら上の画像クリックをお願いします。翌日の記事で本日分の情報を公開します》

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
川原さん おはようございます。
自分は今朝シチュ~を天板で暖めて
食べました・・元気モリモリ!!

自分の場合は夜はゆっくりストーブで遊べないので 早起きして楽しんでます。
話題が違うのですが、今度フラッシング内の断熱方法(結露対策)をupしていただけたらお願い致します。

いよいよシーズンinですね!!
2013/10/25(金) 08:10:02 | URL | お木楽男 #-[ 編集]
楽しみですね!
お木楽男さま:

リクエストありがとうございます。了解しました。

これからシーズンに入って薪ストーブが使えるのが楽しみですね。
2013/10/25(金) 16:19:38 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/431-ba982865
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック