春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
新聞紙やクッキングペーパーを濡らして、芋を包んでから、アルミ箔でさらに包む。ここまでは同じ。

それを安易に炉内に入れてしまいがちだけど、ガンガン焚いている時には焦げてしまったり炭になってしまう。炉内に入れるのは弱めの熾き火の時限定だ。もう薪ストーブを焚かずに消火方向に向かうという使い方の、ちょうど今頃の時期に、薪ストーブを焚いて部屋が暑くなって「もういいや」という状況での作り方だ。

resize1678_2013102107304017e.jpg
天板でコロコロ

resize1677.jpg
灰受け室内もオーブン状態になる

resize1676.jpg
柔らかく甘くしっとりと焼きあがる

薪ストーブが本格稼動して常に火が入っているようになると、炉内に入れるよりも、天板に置いたり、灰受け室に入れたりするのがお勧めだ。特に天板でコロコロ転がすと柔らかさな匂いが確認できるのでお勧めだ。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

10月20日(昨日)のデータ
■クリック数  58(15.0%)
■アクセス数 387

《記事が面白いと思ったら上の画像クリックをお願いします。翌日の記事で本日分の情報を公開します》

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/425-3ea139e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック