春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
薪ストーブの煙突で室内側をシングル煙突にしているケースもけっこうある。吹き抜けなどでシングル煙突部分が多いと煤の付着が多くなったり、ドラフトが弱くなったりするので、あまりお勧めはできない施工方法なのだけど、低予算を重視すると必然的にシングル煙突を多用することになる。

resize1621.jpg

煙突掃除の時に何も対策しないでブラシを通すと、煙突と煙突の継ぎ目から煤が漏れ出してきて、室内側が薄っすらと煤が飛び散って大変なことになる。

resize1620.jpg


写真のようにマスキングテープで継ぎ目をふさいでから作業すると、漏れることなく全部薪ストーブの中に煤を落とすことができる。その後煙突を取り外して煤を回収すれば、室内側の汚れは最小限で済む。

resize1622.jpg

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

10月9日(昨日)のデータ
■クリック数  63(12.8%)
■アクセス数 494

《記事が面白いと思ったら上の画像クリックをお願いします。翌日の記事で本日分の情報を公開します》

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/414-4727ac2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック