春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
薪を作るには、割ってから、雨が当たらないように屋根をかけた日当たりと風通しの良い薪棚で2年間乾燥させるのが理想だ。

しかし、現実には、なかなか理想通りにはいかない。敷地が十分に広くて作った順番に規則通りに薪を保管できれば、使う時にも古い方から先入れ先出しで順繰りに回していけるけど、2年分の薪はかなり大量になるので、あちこちに薪棚を分散させるケースも多い。

そうなると、どの薪をいつ作ったのか判らなくなってしまう。作った直後は憶えていても1-2年経つとわけがわからなくなってきてしまう。人間の記憶力はけっこう曖昧でいい加減なのだ。次から次へと色んな薪を詰め込んでいくと、順番が判らなくなってくる。

resize1615_20131008074838105.jpg

resize1616_20131008074841c44.jpg

写真のようにラベルをつけたり、薪に直接書いたりして、作成時期や樹種、現場名などを書いておくと、実際に焚く時に安心して自信を持って取り出すことができる。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

10月7日(昨日)のデータ
■クリック数  62(12.9%)
■アクセス数 479

《記事が面白いと思ったら上の画像クリックをお願いします。翌日の記事で本日分の情報を公開します》

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/412-04ef84d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック