春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
井桁に組めばゼロ円薪棚も可能だけど、初心者が崩れないように積むのは難しい。崩れないように積むには正直かなりの慣れが必要だ。時間をかけて修行するのも一つの道だけど、そうやって苦行を積むばかりが薪ストーブの道ではない。

棚を作成すれば同じ向きに単純に重ねて積み上げていっても、崩れることはないので、スピーディに簡単に積んでいくことができる。薪棚も色々な種類がある。一般的には木で作ったり、単管パイプを組んだりすることが多いけど、最低限の資材でサッと作ったユニークな薪棚だ。自宅の敷地を有効活用して薪を置いた一例を紹介しよう。本格的な薪棚を作らずに、犬走りをちょこっと加工しただけの廃材利用でコストは最低で済む。

resize1609.jpg

resize1612.jpg

resize1608.jpg

棚→コンクリートに穴を開けて、太い鉄筋を挿しただけ
基礎→金属の角材を置いただけ
屋根→分厚いゴムを置いただけ

犬走りのコンクリートなので土の地面のように継続的に湿気が上がることもなく合理的だ。欲を言えば、角材をもう少し浮かすと完璧だろう。

屋根の方は風で飛んでいってしまうかと思ったけど、これだけ分厚くて重いものだと、全く問題ないそうだ。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

10月6日(昨日)のデータ
■クリック数  46(13.3%)
■アクセス数 345

《記事が面白いと思ったら上の画像クリックをお願いします。翌日の記事で本日分の情報を公開します》

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/410-5f7b3bda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック