春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
昨日はデータを取り始めてから最低のアクセス数、クリック率でした。(泣)

これから薪の配達シーズンに入るけど、あまりブログネタとしては面白くないということかもしれないですねぇ。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

9月22日(昨日)のデータ
■クリック数  37(13.0%)
■アクセス数 285

《記事が面白いと思ったら上の画像クリックをお願いします。翌日の記事で本日分の情報を公開します》



少し前からコンサルの相談を受けていた案件が、嬬恋にあった。軽井沢に薪の配達に行った際に、ついでに現場に寄らせてもらった。

古い薪ストーブを使っているけど、煙突はそのままに、新しい薪ストーブに入れ替えたいということだった。煙突が再利用できるのかの判断は現物を見ないと何とも言えないので、保留にしておいてお互いのタイミングが合った時に見に行くことにしていたのだ。

resize1555.jpg
見たことない珍しい大型の薪ストーブだった。

resize1553.jpg
鋼鈑製でBlaze Kingというロゴが入った派手な大型ストーブだった。

resize1554.jpg
よく見ると中山産業のプレートが貼り付けられていた。旧メトス時代に輸入された商品

resize1556.jpg
入れ替えが前提だけど、この薪ストーブが使えるかどうかの判断も含めて、一度、焚かせてもらうことにした。

本体右側の側面の奥に排気経路の切り替えと思われるダンパーレバーがあったので動かしてみたが、何故か炎や煙の状態は全くと言っていいほど変わらない。

後でメトスの社員に訊いてみたら、この機種は触媒機だそうだ。触媒がボロボロになってしまっているために、経路をどちらに切り替えても変わらないのだろう。つまり触媒側の経路にしても触媒の抵抗を受けずにスルーして排気に向かってしまうということだ。

現在はクリーンバーンシステムの薪ストーブしか取り扱ってないメトスが、かつて触媒機も取り扱っていたというのが軽いカルチャーショックだった。恐らく、触媒機のトラブルに懲りて、クリーンバーンのみを扱うことにしたのだろう。Kingという名の薪ストーブに、なんか、物悲しい歴史を感じた。

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
KINGというネーミングだけあり
風格を感じますが、触媒機はこのよう
二次燃焼もボロボロになる機種がほとんど。

とあるB社のオーナーだった人が数年置きに
数万円の触媒は交換して来たのに、
10年弱で炉内が傷みました。

炉内部品の取りつけ交換やら出張費、大修理で
合計15万円弱近くも修理費が発生。

触媒機の交換費用を合わせるともう
維持費が高く馬鹿馬鹿しく相当ショックを受けたようです。

その人はCB機に買換えて今は使用し満足を
しているようです!
CB機の燃費はダンパー付けて夜間就寝時や外出時に
絞ってコントロールすれば長時間OKで快適のようです。
2013/09/23(月) 11:08:37 | URL | 中村 #yLjmSUGw[ 編集]
実例をありがとうございます
中村さま

説得力のある実例をコメントいただきまして、ありがとうございます。
2013/09/23(月) 11:36:54 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
触媒機
 ちゃんとした触媒機は触った事さえないのですが、2台のストーブに後付け触媒試みた感触だけからいうと、CBで綺麗に燃えてしまっているとあんまり触媒は熱くならず、かと言って低性能ストーブでも、一時は真っ赤になる位触媒が働く物の、維持の条件は難しかったです。
 なるべく広い条件で触媒が働くようにする為の構造が、壊れやすさと繋がっているのかも知れませんね。
 うちの場合は、触媒として働いていない時も、整流格子として機能しています。なお、それが良い事かどうかは微妙です。
2013/09/23(月) 22:29:21 | URL | 山口透 #tZEVnSis[ 編集]
触媒の機能
山口透さま:

触媒の取り付け位置や形状なども含めてメーカー製は色々と検討して、最高の性能が出るようにチューニングしているのでしょうねぇ。
2013/09/23(月) 22:48:38 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/09/26(木) 12:22:46 | | #[ 編集]
こちらこそ、ありがとうございます
秘密コメントさま:

こちらこそありがとうございました。美味しいコーヒーもいただきました。

もう古い機種なので触媒も入手困難なので、入れ替えで正解だと思います。

がツンと焚いて暖かさを実感できたようで何よりです。この焚き方は次の薪ストーブでも生かせると思いますので、入れ替えまでは活用して下さいね。
2013/09/26(木) 17:45:04 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/395-b0dace5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック