春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
クリック率が下降の一途・・・。

10パーセント代なのは寂しいです。普段クリックしていない人も、下のワイングラスと薪ストーブの画像をクリックして20パーセント代になるように、応援をよろしくお願いします!
ブログ村ランキング:オリジナルバナー

9月18日(昨日)のデータ
■クリック数  55(13.2%)
■アクセス数 417

《記事が面白いと思ったら上の画像クリックをお願いします。翌日の記事で本日分の情報を公開します》



薪ストーブをつける、つけないと途中で二転三転したために、必ずしも薪ストーブ設置に理想的な条件ではなくなったけど、その中で最善の方法を探ってきた。施主さんと工務店の設計担当者とともに打ち合わせしてきた。

横引きすると横引き3-4メートルとなり、支柱を立てて煙突の荷重を受ける形となって現実的ではない。上方向に屋根からフラッシングで抜くと高さを稼げず二つの建物の谷間部分に煙突トップで、風の影響を受けやすくなる。

そのため必然的に高めのチムニーを作って、そこからさらに煙突を立ち上げるプランを提案してきた。現場に行くと理想(というか、それしかない)という唯一のベストプランを自信を持ってお勧めできる。

resize1540.jpg
この二つの建物の渡り廊下部分に薪ストーブ設置することになった

resize1539.jpg
最初は壁抜きとか、フラッシングでちょこっと立ち上げるとかの希望だったけど・・・・

resize1538.jpg
煙突開口部付近、ここにチムニー作成してさらに丸煙突で極限まで高くして風圧帯を回避することにした

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/391-34ec0871
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック