春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
週末は、平日に比べて若干アクセス数は落ちる傾向があります。家族や友人と出かけたりしてパソコンに向かわない人が多いなどの理由だと思われます。

そのためアクセス数は落ちていますが、クリック協力の応援は伸びていて、クリック率は驚異の20パーセント近くです。訪問してくれた5人に一人がクリックしていただいているということで、感謝です。

ブログ村ランキング1位復活のため、お力添えをのクリックを、引き続き、よろしくお願いします!

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

9月14日(昨日)のデータ
■クリック数  57(19.2%)
■アクセス数 297

《記事が面白いと思ったら上の画像クリックをお願いします。翌日の記事で本日分の情報を公開します》



新築時の煙突でフラッシングに対してチムニー設置のメリットがあると昨日の記事で書いたけど、その理由の一つ目を説明しよう。

新築の家の屋根から煙突を抜こうとすると、雨漏りを心配する大工さんや工務店から大反対されるケースが多い。

これは経験がないから怖がっているだけで、簡単に反論できる。そのように反対されたら「天窓は設置したことありますか?天窓から雨漏りしていますか?」と訊いてみよう。さらに「過去の建てた下屋になっている二階建ての一階部分の屋根と二階部分の壁のところから雨漏りしていますか?」という質問も効果的だ。

現実には天窓から雨漏れしているケースもあって、必ずしも屋根の開口に有利な反論にはならないかもしれないけど、サンタクロースが入ってくるような四角い煙突囲い(チムニー)の場合は、天窓や下屋と二階壁部分の雨仕舞いの同じような処理ができるので、フラッシングの金物による煙突設置よりも、はるかに雨漏りのリスクは低くなる。大工さんや工務店も既に経験済みの施工方法なので、安心して任せられる。

resize1083_20130703143556.jpg
慣れない工務店による施工例

逆に慣れない大工さんや工務店に施主支給でフラッシングなどを渡して工事を頼むと、煙突を野地板に固定しないでフラッシングだけつけてしまって、屋根材を葺いてしまうというトンチンカンな施工になってしまうことが多い。そうすると煙突トップ付近で煙突を固定する金具を取り付けできないので、煙突のブレが大きくなって、長期間経過した場合の雨漏りのリスクが高くなる。

普段からフラッシングによる施工で慣れている薪ストーブ専門店による施工以外の場合は、フラッシングよりもチムニーによる煙突施工を強くお勧めする。

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
先日来訪した山荘ですが「天窓から雨漏り」して老夫婦が困っていました。
幸いウッドデッキ部の屋根でしたが。

やはり保証問題というリスクは工務店サイドにとってゼロではないのではないでしょうか?
逆に、じゃー薪ストーブ専門店で完璧にやってね!
と言われたらどっちをお選びになりますか?

保証ありで対応すると現実にはどうなさるんでしょうか?


2013/09/15(日) 20:17:27 | URL | うさぎ #yLjmSUGw[ 編集]
雨漏り
うさぎさま:

保証するということは、不具合が出たら直るまで責任を持って修理、対応するということだと思います。
2013/09/15(日) 22:55:15 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
はじめまして、カワハラさんのブログを偶然拝見させていただいてから
薪ストーブがよりいっそう楽しくてたまりません・・山梨(神奈川県境)方面 こられるときは是非ブログに書いてください。
それと クリックはワイングラスの画像を左クリックするとランキング画面に移動しますがそれでOKでしょか?  
2013/09/16(月) 07:46:55 | URL | お木楽男 #-[ 編集]
かわはらさん、お早うございます。

天窓や、鳩小屋、チムニーは長年の間に
必ずと言って良いほど雨漏りの原因になります。
特に瓦屋根にフラッシングなどの開口すると瓦の連続性が失われて、
大きな台風などの場合に瓦そのものが吹き飛ぶ可能性もあります。
工務店をしていると嫌と言うほど目にするケースですよ。

それと、上記のリスクを避けながら
屋根→天井に開口する工事は
それなりに手間が掛かり、複数の業種(大工、板金、左官、その他)に作業が及ぶ事もあり、意外とコストが掛かるので施主に見積りを提示し難いのも
「嫌がっている」と、とられる原因です。

経験が無いから怖いだけでは無くて
「経験があるから怖い」場合も多いですよ。
特に、雨漏りは原因の特定が難しく
修理費用も膨大な費用が掛かることも珍しくありません。

私から言わせれば、
ストーブ屋さんはもっと建築の勉強をされた方が良いですよ。


2013/09/16(月) 09:25:58 | URL | エコエコ薪ストーブ #-[ 編集]
ありがとうございます
お気楽男さま:

ありがとうございます。

山梨方面に行くことがあったら、ブログで事前に予告させていただきますその時にはお会いできるのを楽しみにしています。

ワイングラスの画像クリックでブログ村のランキングが表示される動作で1カウントされます。それでOKですので、今後とも応援、よろしくお願いします。
2013/09/16(月) 09:30:24 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
ご指摘ありがとうございます
エコエコ薪ストーブさま:

天窓、けっこう雨漏りの原因になっているのですねぇ。

私も瓦屋根のフラッシングは、あまり勧められないやり方だと思っています。理由は挙げていただいている通りです。ですから私はチムニーを推奨しています。

チムニーですが、建築工事と一緒に外壁と同じ仕上げで作成すれば、かなりコストも吸収できると思います。他の部分ができてしまってから、チムニーだけ作成するとおっしゃるように高くつきますね。そのため設計時点からの計画が重要になってくると思っています。

おっしゃる通り、私も含めて建築の勉強は大切ですね。これからもよろしくご指導下さい。
2013/09/16(月) 09:36:02 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
プロの方のお話は、門外の者には、いつも興味深いです。
エコエコさんにお聞きします、新築より設置した天窓、チムニーでも経年による雨漏りの頻度は高いものなのでしょうか。

どちらも外国で生まれ育ったシステムだと思いますが、温かく雨の多いこの国では、特に薪ストーブに関しては他とは違った発展を目指すものなのでしょうかね。
2013/09/16(月) 12:41:28 | URL | 風の森 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/387-06b4ed07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック