春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
昨日の記事でアクセス解析をはじめる旨の説明をしたところ、早速アクセス数、クリック率ともに向上して、順位も3位から2位に上がりました。記事を読んでクリックしてくれた人のおかげです。本当にありがとうございます。

こうして目に見える結果が表れると、やる気が生まれてきます。面白い記事を書いていきたいです。このまま一気に一位まで駆け上がれるように、今後とも、引き続き、よろしくお願いします!

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

9月13日(昨日)のデータ
■クリック数  41(11%)
■アクセス数 373

《記事が面白いと思ったら上の画像クリックをお願いします。翌日の記事で本日分の情報を公開します》



さて、本日の記事の内容に入ろう。

薪ストーブ店をやっている私のところには「新築に薪ストーブを取り付けたい」という相談がけっこうくる。その場合にお勧めしているのが、角トップ&チムニーだ。

理由はたくさんある。

1.雨仕舞いがフラッシングに比べて確実にできる
2.メンテナンスの際に身体を支えることができて安全に作業できる
3.強風の影響を受けにくい
4.屋根材を葺くタイミングと工期を合わせる必要がなくなるので無理な工期となりにくい
5.DIYで自分で煙突施工、薪ストーブ設置も比較的簡単にできる
6.建築当初に予算がない場合、予算ができたら薪ストーブ設置にスムーズに移行できる

このようにフラッシングに比べて、多くのメリットがあるからだ。デメリットと言えばコスト面で若干フラッシングより高くなることだ。チムニーを作成する分だけ、材料費、手間賃が余計にかかる。また角トップそのものも、けっこう高い。このコスト上昇分以上のメリットがあると確信している。

今日はそんなコンサル中の案件でチムニー完成の報告をもらったので、紹介する。施主さんが、いろいろ設計士さんとデザイン面について相談して、屋根と同色のガルバリウム施工となった。ビジュアル的にも締まった感じでカッコ良くなっている。このようにチムニーにも個性が出るのが面白い。

resize1525.jpg

resize1524.jpg

上に挙げた各項目の細かい説明は、明日以降の記事で一つづつ解説していこう。

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
いつも期待しております!!
毎日密かにクリックさせていただいております☆彡

今までのブログもいつでも興味深いものだったと思っています。
もちろん密度、という点では時期的なものもありますので、緩急つけておられる、と思っておりました。

気楽に、楽しく続けていただければいいなと一ファンとして思っております!!
初心者ユーザーですが、このブログでものすごく勉強させていただいております。心から感謝しております。

これからも毎日楽しく読ませていただきますのでよろしくおねがいします!!
2013/09/14(土) 15:20:32 | URL | カピバラ #9L.cY0cg[ 編集]
ありがとうございます
カピバラさま:

毎日クリックしていただいて感謝です!ありがとうございます。

応援メッセージもうれしいです。

今後とも、よろしくお願いします。
2013/09/14(土) 17:20:24 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/386-ba2c98a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック