春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
これまで何度か京都には来ているけど、なかなか京阪エンジニアリング(ネスターマーティンジャパン)にまで足を伸ばす機会がなかった。

resize1355.jpg
大きな通り沿いにあった。車が途切れて女子高生の自転車が通りかかったタイミングで撮影

resize1356.jpg
側面をビルの屋上まで煙突が立ち上がっている

ショールームの中は4台の薪ストーブが煙突につながってて、実際に火が焚ける状態になっていた。

resize1357.jpg
新商品のTQ33にも前日に火を入れたそうだ

たまたま日中時間が取れたので、アポなしで突撃訪問した。いつもお世話になっている営業の富永さんがいてくれて話ができてラッキーだった。

resize1358.jpg
イケメン&トップ営業マンの富永さんとスタンレークックストーブ

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
正直申し上げて、失礼をお許しください。
なんか輸入メーカーのお店の話に興味が湧きません。
そういう記事がここの所は多くなってしまった気がします。

ユーザーサイドに重要な記事を盛り沢山にする視点の復活を本気で
一度検討されては如何でしょうか?

既存のメーカ支配にある系列ショップの代理店として
メーカー御先棒記事が出ても貴台の本領を感じません。

Tさんなども読者と全く関係ないしー!
本質的に意味を感じません。
ストレートに本音を一回牡蠣たっかだけです!?

と思うんですが、、、。
2013/08/09(金) 00:20:19 | URL | うさぎ #yLjmSUGw[ 編集]
春夏秋は冬を待つ季節
うさぎさま:

この時期、薪ストーブも焚いていないし、薪集めの動きもないし、正直言ってネタがありませんから、こういう傾向の記事になってしまいます。

実際に薪ストーブを焚いている時には、面白い記事になると思いますので、冬をお待ち下さい。

ちなみに富永さん、読者と全く関係ないということもないですよ。必要に応じて実際にユーザー宅を訪問してきっちり2時間くらいかけて取り扱い説明するくらい気合が入っています。
2013/08/09(金) 06:49:55 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/349-50d463b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック