春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
京都へ煙突掃除に行った際に設置されていた薪ストーブが岡部工業所のウォールデンだった。実物を見たのは初めて。

resize1302.jpg

鉄板を溶接して作った構造で、なかなかの高性能であろうことが見て取れた。実際に火が入っているところを見たわけではないけど、なんとなく燃え方の想像がついた。高温でガンガン焚いてこそ本領発揮するタイプだ。

初年度ということもあって、低めの温度で焚いていたようなので、焚き方のアドバイスをしてきた。ガツンと焚いて暑くなったら窓を開けるか、そのまま薪の投入を止めて鎮火させて、また寒くなったらガツンと焚くというように話してきた。とろ火でチョロ焚きすると煤が大量付着してしまうのだ。鋼鈑製の薪ストーブは、鋳物製と比較して熱付加に強いのでメリハリのある焚き方に対応可能なのだ。

この機種は家を建てた工務店にお任せしたら自動的に決まったそうだけど、取り扱い説明が充分にできないケースも含めて、温度管理に神経を使う鋳物製よりもこのような鋼鈑製のチョイスはなかなか良いかもしれないと思った。

resize1301.jpg

このように色んな薪ストーブに触れることができるのも、うれしいことだ。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/342-67805b9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック