春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
現在、私が開発中のプロトタイプの薪ストーブの燃焼テスト第二弾を行った。これは以前、試作して形を組んだ段階での燃焼テスト第一弾で、判った改良ポイントをいくつか改善して、その結果がどうなるのかの確認だ。

resize1213.jpg
真夏にプロトタイプの薪ストーブに火を入れた

resize1212.jpg
非常に良好な燃焼だった

家中の全ての窓を開け放ち、室温28℃の状態でスタートしたが、最終的には室温33℃まで上がった。ドラフトが真冬よりだいぶ弱くなっているにも関わらず、非常に良好な燃焼で、きちんと良い方向に仕上がっていっているのが実感できた。

resize1216.jpg
直火が当たる取り外し可能な天板のクッキングプレートはガンガン焚けば簡単に300℃オーバーでお湯がボコボコ沸騰する(保温状態の巡航トロ火焚きでもこの温度)

resize1215.jpg
オーブン室は中央部分で楽勝で200℃オーバー

resize1214.jpg
ピザ、ケーキ、パン、クッキーなどオーブン料理が十分に可能な温度

今回の第二段のテストで、十分に高性能なことが確認できた。少量の薪でも大量の薪でも良好に燃やせて、立ち上がりも早く、燃費も良く、天板、オーブン室、表面温度など、各部も狙い通りの温度となることが判った。しかしこのままではとどまらず、さらなるチューニングを行うつもりだ。この冬に実用として焚くのが楽しみだ。





[広告] VPS


ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
かわはら1号
燃焼見学会やっていただけたら参加したいですね。ぜひ見てみたい。でも冬にしてくださいね。
2013/08/06(火) 19:20:48 | URL | あわ2 #-[ 編集]
燃焼見学会
あわ2さま:

この冬にやりましょう。

楽しみにしていて下さい。
2013/08/06(火) 19:29:59 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/338-3a3c64ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック