FC2ブログ

春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
いよいよ溶鉱炉の建物内部に入っていく。外の素材置き場からいきなり中に入ったので目が慣れずにちょっと薄暗い感じがした。鉄を溶かしているところをすぐに見られると思ってワクワクしていたら、入り口付近のパレットに粉末のパッケージが山積みされていた。このパレットの裏には溶かした鉄が赤く見えている。

resize1098.jpg

「溶鉱炉見学なのにいきなり薪ストーブ炉内のバーミキュライト生産用の原材料?」と思って、質問した。そしたら「鋳物の原材料を溶かす容器まで溶けないようにするための断熱材」ということだった。それで納得した。

resize1097.jpg
この断熱材で容器を熱から守っている

resize1096.jpg
溶鉱炉で溶かした鉄を容器に移し替えているところ

運転席が完全防備の重厚で巨大なフォークリフトで搬送用の容器を持って、溶鉱炉から出てきた液体の鉄を受け止めているところ。火花が飛び散って、すごい迫力でさすがにおっかなくて近寄れなかった。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/312-b30ef9a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック