春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
新築で屋根葺き工事がはじまったタイミングで、とりあえず煙突工事に行ってきた。今回はアース・リーの期待の新人、Yさんと二人での作業だ。

このように屋根材を貼る直前の作業工程となるので、現場の工程管理が重要となる。タイミングがずれると、一度葺いた屋根材を剥がすなど、大変なことになる。

resize1084.jpg
開口位置の確認

resize1083.jpg
開口

resize1086.jpg
フラッシングを取り付ける前に、煙突を屋根の野地板に専用のサポート金具を使ってしっかりと固定する。なるべくフラッシングに近い位置で煙突を固定することで風によるブレを防止するのだ。

resize1085.jpg
煙突固定後にフラッシングを取り付ける

resize1087.jpg
煙突工事完了後の記録写真撮影中

慣れない工務店や素人の人の工事でよくあるケースは、この煙突の挿入、固定なしで、フラッシングだけ取り付けてしまうというのをたまに見かけるが、これだと屋内側の低い位置での煙突固定となり、煙突トップのブレが大きくなるので、長期的に考えると雨仕舞いの心配が残る。

resize1083_20130703143556.jpg
慣れない工務店や素人の人がやってしまいがちな施工例

先日、この段階になってから工務店から煙突設置工事の依頼を受けたけど、この状態からの作業だと、雨漏りした時の責任範囲が明確にならないし、フラッシングを屋根材の下からつけてコーキングで処理しているなど、雨漏りのリスクが大きそうなので、お断りした。ユニークで面白い物件だったので、もう少し早めに、屋根の施工前に相談してもらっていればと残念だった。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
ルーフィング
ルーフィング切ったところですが、どうして棟から吹き直さなくてもいいんでしょうか?
後、フラッシングの上もシールしているだけですけど、フラッシングの上に乗るように、ルーフィングを吹かなくていいんですか?
2013/07/08(月) 09:47:31 | URL | Shige02 #LkZag.iM[ 編集]
このあと屋根屋さんが処理します
Shige02さま:

この日は屋根屋さんが入っていなかったので、後日屋根屋さんが入るまでの、とりあえず数日分の応急処理です。

フラッシングの上にも水上側はルーフィン具だけでなく屋根材も通常は葺きますよ。

これは完成写真ではなく、あくまで煙突貫通工事の部分です。
2013/07/08(月) 10:03:53 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
素人の勘違い
なるほど、屋根屋さんとの分業なのですね。
自分はDIYだから、慎重に処理しました。
こういう部分は、全くノウハウの開示がないから、参考になります。
うちは、屋根の上はブレース、貫通部分はフラッシングのすぐ下、後は室内でもスクエアサポートという部材で3重に支持しています。
2013/07/08(月) 17:55:51 | URL | Shige02 #LkZag.iM[ 編集]
同時施工がベストですが・・・
Shige02さま:

現場によって、分業の場合と、全部やる場合とケースバイケースです。

三点で保持すれば、煙突のブレもなく安心できますね。

本当は打ち合わせしながらできるので、屋根屋さんと同時に入れるのが一番なのですが、現場によって理想通りにいかないこともありますねぇ。
2013/07/08(月) 22:45:39 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/310-753616cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック