春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
先日のネスターマーチンのメンテナンス講習の時に、一番大変だったのはバッフル板を外すことだ。コツがあるので慣れないとけっこう難しい。力づくでやると割れてしまうの繊細なパーツなので衝撃を加えないように、確実に知恵の輪のように取り外す必要がある。

バッフル板を外した後は後ろの鋳物パーツの取り外しだけど、これも実はちょっとしたコツがある。慣れてしまえばどうということはないのだけど、後ろの板を少し持ち上げ気味にして浮かしてやることで横の板が外れやすくなるのだ。重いパーツなのでちょっと大変かもしれない。

resize1052.jpg

resize1053.jpg

でも、こうしてきちんと全部のパーツをバラして外に持ち出して掃除しないと、どうしても煤や灰を全部きれいに除去することはできない。表面の見える部分だけやっても肝心の見えないところを手入れできずに無防備に錆びさせてしまうのはもったいない。せっかくバラバラになる機種なのだから、どうせメンテナンスするならば、きっちり全部のパーツを分解して行いたい。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/299-1fb440a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック