春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
例年は針葉樹2割、広葉樹8割くらいの割合で焚いているけど、昨シーズンは例外で比率が逆転した。明治の薪が大量ゲットできたので、針葉樹8割、広葉樹2割くらいで、ほとんど針葉樹を焚いた感じだ。

先日の「煙突掃除、メンテナンス講習」の時のトップの煤の量を公開しよう。

resize1048.jpg
トップを外した煙突内はほとんど煤の付着が見られない

resize1049.jpg
トップ内の煤の量

よく「針葉樹は煤が多い」なんて言われるけど、それが嘘であるかのような煤の付着量だった。まあ広葉樹中心の時はスプーン一杯程度、今年は手のひらにすくえる程度だから、まあ厳密に比較すれば確かに針葉樹の方が多いということになるけど、トップがつまるとかいうレベルには程遠く、全然問題ない量だった。針葉樹中心でも、広葉樹オンリーで下手に焚いているより全然少ないと思う。

「樹種とか機種より、乾燥と焚き方が重要」という結論が、今回の煙突掃除から導き出された。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/298-b2627c5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック