FC2ブログ

春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
先日、販売用の薪を愛媛から持ってきてもらったのに引き続き、店舗の暖房用の薪を千葉から持ってきてもらった。

千葉の薪ストーブユーザーが、親の介護のため薪ストーブを使うことができなくなってしまって、薪置き場として借りていた土地も売却しなければならないので、薪を買い取ってほしいという話があった。現場を見に行くと手作りの薪棚に、精魂込めて作った様子が感じられた。自家用の薪なので、長さ、太さ、樹種、形などはバラバラで、販売用のように整ってはいないけれども、極上の乾燥薪であることは瞬時に判った。

「今シーズンの終わりまで」位のタイムスパンで、ある程度の期間的な余裕があれば、この冬に入るであろう千葉での配達の時にその薪置き場から、少しづつ持っていけば良いかとも思ったけど、年内いっぱいという締め切りが設定されたので、余裕をかましていられない。

せっかくあったご縁なので、この話を見送るのも、なんだかなので、プロの運送業者に依頼して、かわはら薪ストーブ本舗 北軽井沢店の敷地へ持ってきてもらうことにした。この冬の店の暖房用(または配達用)として活用させてもらう。

DSC_2034_00001.jpg
店舗裏に自家用薪入荷

DSC_2040_00001.jpg
8立米(約4トン)をダンプで一気に降ろす

これだけの量は、軽トラでチマチマ運んでいられない。積み込みや荷下ろしの時間まで考慮に入れたら2週間かかりきりの仕事になってしまうだろう。

DSC_2042_00001.jpg
極上の乾燥薪が今年の冬の店の暖房

普通の人にとってはゴミの山にしか見えないかもしれないけど、薪ストーブユーザーが見たら極上の乾燥薪だということが、色や質感からも伝わってくるだろう。

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/2727-31920158
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック