FC2ブログ

春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
2年以上前からコンサルしていた工事がようやく無事に完了した。

当初は、古民家リフォームの前提だったけど、途中で取り壊して新築することに大幅に変更になって、煙突プランがとても楽になった。この現場の工務店の担当者も、大工さんも、とても協力的で、打ち合わせ時に話しをすぐ理解してくれて下地の位置など、不安なく進めることができた。

DSC_6346_00001_01.jpg
設置前の状況

DSC_6353_00001.jpg
チムニー内に固定金具を取りつける

DSC_6359_00001.jpg
固定金具に煙突を取りつける

DSC_6369_00001.jpg
ストーブを搬入して、下げ振りの位置に煙突芯を合わせる

DSC_6370_00001.jpg
煙突を接続して、養生を取り外し、パーツを取りつけて工事完了

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
大変お世話になりました
しかも・・長きにわたって!
お蔭様で万人受けする明るい炉台・炉壁になりました。

今のところ一回火を入れましたが、どのくらい燃やせば温度が上がって内壁が白くなるのかまだ加減がわかりません。
2019/10/30(水) 22:01:39 | URL | ken #HfMzn2gY[ 編集]
Re: 大変お世話になりました
kenさま:


こちらこそ、お世話になりました。タイルの提案をさせていただき、喜んでいただけて良かったです。

温度の上がり方は、その時に入れた薪の太さ、乾燥具合、樹種などによって異なりますので、とにかく最初は遠慮しないでガンガン焚くことがポイントだと思います。

2019/10/30(水) 23:46:46 | URL | かわはら #OJZg73Gg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/2707-8f99e9df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック