春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
東広島市で鉄工所で作ってもらったオーブン付きのユニークな薪ストーブを使っているユーザーからの、煙突掃除レクチャーの依頼。薪ストーブ本体だけでなく煙突もスパイラルダクトを利用した手作りのもので、普段あまり見られないパターンで興味深い。

来年度からはユーザー自らメンテナンスするということだったので、やり方を見せて教えつつ、できるところは自分でやってもらうようにした。

本来は300-400℃で焚くことで能力を発揮する鋼鈑製の薪ストーブなのだけど、かなり低めの温度で焚いていたということで、煤の量は二重断熱煙突にも関わらず多かった。適切な温度を伝えてきたので、来シーズンはきっと煤の量は激減するだろう。

resize0910.jpg

resize0904.jpg

resize0905.jpg

resize0903.jpg

resize0902.jpg

薪ストーブや煙突のメンテナンスが終わった後は、チェーンソーの目立てのレクチャー。これも実際にやって見せてコツを教えた。今後は自信を持って目立てできるようになると思う。

resize0909.jpg

resize0907.jpg

resize0906.jpg

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/270-208d2190
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック