FC2ブログ

春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
遠方での仕事の場合には、極力複数の案件を同時にこなすようににして、移動の時間、交通費などを省いて合理的な動きをするようにしている。今回は隣接する長野、山梨の案件を3件、同日でこなす段取りを組んだ。

薪ストーブ設置工事→現場確認→煙突修理&煙突掃除と、自分でもびっくりするくらい盛沢山の一日だった。

DSC_5950.jpg
午前中は、壊れた既存薪ストーブから、AGNI-CCへの入れ替え工事

20年以上使ったであろう薪ストーブの本体にクラックが入って、いよいよ寿命になったので買い替えの話がきた。だいぶ前にコンサルしてシングル煙突から二重断熱煙突へ変更したり、薪ストーブの部品の取り寄せなどで、おつきあいのあるお客様だ。従来は欧米製のCB機を使っていたが、国産で燃費の良い触媒機と、全く性格の違うものを提案した。目の肥えた経験のあるお客様の2台目ニーズの場合には「前とは明らかに違う」と体感できる、満足度の高い機種である必要があるので、提案は慎重になる。

DSC_5962.jpg
時間をかけて説明しながら、空気を絞った二次燃焼の状態まで持っていく

DSC_5963_00001.jpg
火入れしての取り扱い説明の後、お客様と一緒に蕎麦を食べた

海の幸のお店だったので、海鮮系のメニューが充実した店で、お客様は定番メニューを注文していたけど、千葉の私は「長野と言えば蕎麦」なので、その地の名物をいただいた。

DSC_5965.jpg
午後の1件目は、山梨の新築現場で打ち合わせ通りに、煙突固定用の木下地(※)が入っているか確認

※「かわはら式耐震煙突固定法」のための下地
https://kawahara-stove.com/3pr_inst_feature/earthquake_resistant/

DSC_5971.jpg
午後の2件目は、山梨の別荘で、他社施工で、吹き抜け上部の煙突が外れてしまったという案件の修理

「吹き抜け上部がスライド煙突になっている」「二重管とシングル管が固定されてなくてささっているだけ」という、ありえないビックリ施工だけど、これも誰もが知っている大手の施工店。多分、技術、知識やノウハウのない下請け業者にやらせているのだろう。

薪ストーブを焚く前にお客様が気がついたから良かったけど、この状態のまま焚いてしまったり、燃焼中に外れたりしたら、大変なことになっただろう。

写真だけ見ると、修正作業は簡単そうかもしれないけど、吹き抜け上部だったため、ハシゴをかけて不安定で力を入れられない体制だったので、かなり大変だった。

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
群馬、長野、山梨はかなりなんでしょ?
北軽井沢→軽井沢→八ヶ岳→山梨方面はまさに『春夏秋が冬を待つ』のにとても山の幸やらドライブなどが楽しめる絶景エリア。千葉よりかなり寒いけど薪ストーブのメッカで宜しいすねぇ。
2019/10/08(火) 20:37:20 | URL | 薪よう子 #yLjmSUGw[ 編集]
Re: 群馬、長野、山梨はかなりなんでしょ?
薪よう子さま:

移動中の車の窓から、煙突のある家をたくさん見かけます。
2019/10/08(火) 21:11:43 | URL | かわはら #WV76JfSw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/2681-7d205752
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック