春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
薪割りの道具の斧やクサビなどの刃物は使っているうちに刃こぼれしたり、丸くなったりして切れ味が鈍くなっていく。少しづつ切れ味が落ちていくので、ずっと使っていると、なかなか気がつかないものだ。本当は使う度にコマメに研いでやる方が刃の形が崩れないので良いのだけど、なかなか現実的にはそこまでできない。たまには道具の手入れをしてやりたいものだ。

切れ味の良い刃物だと作業効率が良く楽しく楽にできて、怪我もしにくいし、良いことずくめだ。ついつい道具の手入れは怠りがちだけど、やればやっただけのことはある。 

resize0834.jpg

resize0833.jpg
刃こぼれしてめくれあがってしまった最強クサビの刃先

resize0835.jpg
まずは荒い砥石で形を整えて、細かい仕上げ用の砥石に切り替える
(グラインダーは熱で刃先を傷めてしまうので厳禁)

resize0832.jpg
復活した刃先たち。ついでに台所用の包丁も研いだ

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/258-5673fb7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック