春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
会津の鍛冶屋さんの作った貴重な手鋸を見せてもらった。

resize0824.jpg

このように大きな刃で、気持ち良く太い原木を切ることができるのだ。チェーンソーなしで、人力だけで太い木を切ることができるのは快感なのだ。

resize0823.jpg

resize0822.jpg

実はこの手鋸は、原材料がもうないので、簡単には入手できない貴重品なのだ。震災の後にガソリンが入手困難になった時に化石燃料がないと薪作りできないのは「ヤバイ」と思って、製造元に問い合わせたことがあるが、残念ながら手遅れだった。

本当に良い素材で作った良い道具というのが、現代は入手しにくくなってしまっている。使う人が少なくなっているので、仕方ないのかもしれない。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
確かに、薪を作るのに、ガソリンが必要なのは違和感がありますね。
とりあえず、現実的な解決は、電動チェンソーでしょうか。太陽光発電や、ディーゼル発電機(バイオディーゼル燃料)で、駆動することができます。

ただ、充電式は力が弱いし、通常のものは1500Wくらいあるので、かなり大型のインバータや発電機が必要になりますね。
2013/06/15(土) 04:23:45 | URL | shige02 #LkZag.iM[ 編集]
最後は人力
shige02さま:

平常時には何ら問題ないことでも、災害時には意外と盲点になっていることも多いと思います。

いざという時に困らないような対策が必要ですね。

ある程度の量の薪を確保しておけば、当面の間は慌てなくても済みますけどね。
2013/06/15(土) 15:48:33 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/257-d5f77038
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック