春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
シーズンオフには炉内に付着した煤や灰を綺麗に除去するのが大事だ。煙突掃除の後には必ず炉内も綺麗にしやろう。その際に塗装用のラスター刷毛が活躍する。

resize0812.jpg

クリエイト オリジナルナイロン刷毛 ペイントブラシ3本セットクリエイト オリジナルナイロン刷毛 ペイントブラシ3本セット
()
クリエイト

商品詳細を見る


煤や灰を除去した後に、万一、錆びを見つけたらワイヤーブラシや紙やすりなどで落としてから、油を塗っておくか、塗装しておこう。これでシーズンオフに湿気で炉内の錆びが進行することが防止できる。使っているシーズン中は焚いて湿気も飛ぶので、それほど気にしないで大丈夫だけど、長期間使わない時には気をつけないと、錆びでボロボロで、みすぼらしくなってしまうだけでなく、寿命も短くなる。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/251-edd78b90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック