FC2ブログ

春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
薪ストーブは完全に冷え切った時からのゼロスタートと、ある程度熾火が残っている時では、焚きつけの方法を変えた方が良い場合もある。

ヒミエルストーブの場合は、それが顕著だ。炉の奥のヒートライザー入り口付近で燃やしてやることがコツで、十分にヒートライザーが温まっていない時に手前側で燃やすと室内側に煙が漏れてきてしまう。熾火が中途半端に炉内に残っている状況で、くすぶらせるとそうなってしまう。

薪の投入の前に、熾火をヒートライザー周辺に集めてやって、火吹き竹(パイプ)のようなものを使って、奥の熾火に空気を送り込んでやって、熾火を元気にしてから細目の焚きつけをヒートライザーの奥に突っ込む。ゴゴーっと音が出て炎が周辺の煙を巻き込みながら吸い上げる状態になるのをじっくりと待つ。焦って太目の薪をボコボコ置かないことだ。

DSC_2265_00001.jpg
灰の中に埋もれている熾火をヒートライザー周辺に集める

DSC_2268.jpg
細目の焚きつけをヒートライザー下部にに突っ込む

DSC_2270.jpg
細め、短めの薪をヒートライザー入り口付近に組む

DSC_2271.jpg
さらに中割りの薪をその周囲に組む

DSC_2272.jpg
扉を閉めれば、炉の奥から手前方向に向かって燃え広がってくる

普通の上から着火方式を横に倒して、奥から手前に燃え移ってくるイメージで燃やしてやるのがコツだ。

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/2481-abb4c050
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック