FC2ブログ

春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
ヒミエルストーブの天板にはメンテナンス用の蓋がある。直火が強力に当たるので、この部分に普通に鍋を乗せるだけで、料理も可能だけど、土鍋で炊飯する場合には鍋底に直火を当てたい。

DSC_2291_00001.jpg
ヒミエルストーブの広い天板は料理に大活躍

メンテナンス用の蓋の直径が18センチなので、それより小さな適合するサイズの土鍋ならメンテナンス用の蓋を取り外して、そのまま置けるけれども、一人用の鍋だと小さすぎて落ちてしまう。そこで、店内にあった使えそうな部品を加工して、一人用の土鍋アダプターを作成した。小さな直径の鍋でも炉内に落ちず、なおかつ吹きこぼれても天板を保護できる優れものになった。

DSC_2406.jpg
吹きこぼれても天板が汚れない優れもの

DSC_2409.jpg
12分ほど加熱した後に火から降ろして蒸らす

DSC_2212_00001.jpg
適度なオコゲが香ばしく美味しいご飯が炊けた

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/2479-9dddd862
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック