FC2ブログ

春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
以前、設計段階に図面を元に打ち合わせしたことが、実際に現場で施工されているか確認してきた。

かわはら薪ストーブ本舗では、可能な限り、上棟して野地板とルーフィングの施工が終わって、チムニーの形ができたタイミングで見に行っている。万一、誤解やミスがあっても、この段階であれば、余裕で修正可能だからだ。

このことで、設置工事の当日に不安なく作業できるようになる。

DSC_1903_00001.jpg
現場に到着するとチムニー部分ができていた

DSC_1900_00001.jpg
早速屋根の上に登る

DSC_1901_00001.jpg
チムニーの寸法を確認

DSC_1898_00001.jpg
室内側天井裏の煙突貫通部分の煙突固定用の木下地も確認

DSC_1902_00001.jpg
内装壁面の炉壁の上の部分にも下地を入れてもらうように指示してきた

この現場は最初の計画段階の打ち合わせの時は、お客様が私のイチオシのドブレ700SLを希望されていたのだけど、その後、メーカーで製造中止で廃盤となってしまったので、別の機種に変更せざるを得ない。

代替え機種の選定は、けっこう悩ましかった。敢えて同じメーカーで行くのか、別のメーカーで行くのか。同じドブレでも機種によって全然性格が違う。ドブレ700SLと同じような感覚で使えるのは、実は他社製品だったりする。

薪ストーブの使い勝手はカタログスペックだけでは判らない。お客様がどのような点を薪ストーブに求めているのかを見極めて、幅広い各メーカーの中から最適だと思える機種を提案している。経験の少ない人が憧れやイメージ先行で選んでしまうと、実際に使いだしてから「こんなはずじゃなかった」ということも起こりうるので、それぞれの機種の一長一短を伝えてから、最終的にお客様に選んでいただくようにしている。

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
先に注文しとけば良かったですね。
欲しい薪ストーブが無くなる事は、残念ですね(泣)
アンコール何かどうですかね(笑)
2019/02/19(火) 16:32:05 | URL | アンコール30th #ww5IOIoc[ 編集]
アンコール30thさま:

工事のタイミング、在庫を置いておくタイミングなどあって、なかなか難しいですねぇ。
2019/02/19(火) 16:37:47 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/2446-4df8175c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック