FC2ブログ

春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
これまでの自分の経験から、細めの枝でも割っている。

割らずに樹皮を被っている枝は切り口からしか水分が蒸発しないので、なかなか乾燥しないからだ。割らない枝は、長期間(2年以上)薪棚で乾燥させて焚いてもシューシューと水蒸気が切り口から噴き出して炉内の温度が上がってくれないのだ。

私が薪ストーブ設置工事をしたお客様の千葉県在住の林 浩毅さんが、実際にデータを取ってくれて数値を出してくれたので、ご本人の了承のもとに紹介しよう。

※設置完了後のレポートはこちら

resize3647_20190204130544260.jpg
定期的に重量を測定して記録した貴重なデータ

resize3646.jpg
明らかに割った方が乾燥している

割るのが面倒で、ついついそのまま薪棚に突っ込んでしまいがちだけど、ひと手間かけて割ってやるだけで燃え方が全然違うことが、この数字からもはっきりと解る。

10パーセントの重量の違いというのは極めて大きい。炉内に軽く入れる3-4キロ分の薪だったら、乾燥した薪に350mlビール一缶分の水をかけてから燃やしているのと同じことだ。なかなかこういう想像ができないかもしれないけど、極めて効率が悪い。燃焼して生じたカロリーが暖房に回されるのでなく、薪の中の水分を蒸発させるのに使われてしまって、薪ストーブを焚いてもなかなか部屋が暖かくならない、炎が暗く元気ない、ガラスが煤ける、煙突から白い煙がモクモク、煙突に煤が付着するなど、良いことは全然ない。

乾燥不足の薪を焚いていても、最終的には部屋の温度は上がるけれども、それが本来の薪ストーブの能力だと思わないで欲しい。いつも乾燥不足の薪を焚いている人は、それが「当たり前」「通常」になってしまっているけれども、一度、騙されたと思って、きちんと乾燥した薪を焚いてみて欲しいと思う。きっと本当の薪ストーブの能力にびっくりすると思う。

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/2443-e8ef0b89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック