FC2ブログ

春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
DSC_1874_00001.jpg
熾火のタイミングで炉内で調理

DSC_1876_00001.jpg
美味しそうに焼けた

炉内調理で肉や魚を焼いたり、油を敷いた鉄板から油が跳ねてガラスが汚れたりと心配する人もいるかもしれないけど、気にすることは全くない。調理の後に、薪を投入してガンガン焚いてしまえば、跳ねた油も焼き飛んでしまって元の綺麗な状態に戻る。調理の後に掃除する必要もない。

また煙が室内側に出てくることもない。煙突から外に出てしまうので、部屋の中が臭くなることもない。

熾火の時の炉内調理は、五徳とピアットがあれば、気軽にできる。炉内で炎が立ちあがっている時にはできないけど、熾火の時にはこういうこともできるのが、薪ストーブの楽しみの一つだ。まだやったことのない人はぜひとも挑戦してみよう。


炉内調理には取っ手が取れるこのピアットがお勧め


五徳も必須

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/2441-4c107184
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック