FC2ブログ

春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
普通の木造建築だったら丸鋸で一辺が450ミリの正方形で開口するだけなので自分でもできるけど、今回の現場はコンクリートブロックの外壁だったので、専門のコア抜き業者を手配した。

私は貫通部分の芯にテープで印をつけるだけで、後はお任せだ。

DSC_1804_00001.jpg
作業前に直径を確認させてもらった

直径200ミリの二重断熱煙突を差し込むので、リブの部分の出っ張りを含めて通すためにはこの直径が必須となる。ギリギリにすると煙突が通らなくなる。手違いや誤解で直径が200ミリの穴を開けられても意味がないので、事前にきっちりと確認する。

DSC_1806_00001.jpg
機械に刃を取りつけて、外壁側から穴を開ける

DSC_1805_00001_2019020112251948e.jpg
作業の様子

DSC_1810_00001.jpg
開口直後に刃を抜くところを室内側から見たところ

煙突貫通部分はRCではなくブロック作りのためアンカーが効かないので機械固定用の通しボルトの穴を貫通部分の上に開けている。作業完了後にコーキングでふさぐことになる。

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/2435-41c21000
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック