FC2ブログ

春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
薪ストーブを設置する炉台は完璧な水平ではない。タイルやレンガ、コンクリート土間など色々な素材があるが、厳密に見ると若干の凸凹はあるのが普通だ。そこに単純に薪ストーブを置いただけだと、ガタついたり、ひどい時になると傾きで、薪の投入時などに手を離した扉が勝手に動いたりする。

そういことを防ぐために設置後は傾きやぐらつきの確認をして、必要に応じて調整する。搬入時にパーツを取り外して軽量化しているので、その状態で行ってしまった方が効率が良い。足の高さ調整のために本体を持ち上げる必要があるからだ。

DSC_1692_00001.jpg
左右方向の水平を確認

DSC_1693_00001.jpg
前後方向の水平を確認

DSC_1694_00001.jpg
足についているネジを調整することで高さを微調整する

このような調整機構がついてない薪ストーブの場合にはワッシャーやコイン、鉄板などのスペーサをかまして調整することになるが、いずれにしても、きちんと水平は取っておかないと、色々不都合がおきる。

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/2419-34a453f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック