FC2ブログ

春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
ビンテージなどの最近の新世代の薪ストーブに共通する設計で、炉内を断熱性の高いバーミキュライトで覆って、高温を保持して熱効率、燃焼効率を上げようという意図の設計と構造になっているのが、モデルチェンジ後の大きな違いだ。

バーミキュライトは鋳物パーツに比べて脆いし弱いので、性能向上と引き換えに耐久性に難がある。ある程度定期的に交換してやる必要があるので、一長一短だと思う。煙突掃除の時などのメンテナンスの時に衝撃を加えて割ってしまうリスクもあるので、新型を私は手放しでは喜べない。

モデルチェンジ前の耐久性を重視する場合は、今後はドブレOEMのセガンを選択するということになるだろう。ちなみに鋳物のバッフルプレートのセガン(ドブレ640CB/760CBと同一構造)は当面の間はバーミキュライトではなく、鋳物のバッフルプレートのままで販売継続と確認が取れている。

resize3565_20181229172729c57.jpg
バッフル板がバーミキュライトになった

resize3566_20181229172737efa.jpg
サイドローディング扉部分のカバーも鋳物製からバーミキュライトに変更になった

良く観察するとサイドローディング扉の上部のバッフル板は薄く加工されていて、横からの薪の投入時に薪が当たりにくくしてある。

resize3567_201812291727408a1.jpg
扉の開閉はモデルチェンジ前の回転式レバーではなく、前後方向の動きになって操作しやすくなった

resize3575_20181229174205f05.jpg
フロントのメイン扉のハンドルもサイドローディング扉と同様で、廃盤になった700SL方式を継承

この方式は回転式のハンドルと違って、開始点、終了点に悩まずに済むので、人間工学的に優れていると思う。

resize3568_20181229172742bbd.jpg
寿命の短いパーツなので簡単に交換できるようにハマっているだけで持ち上げれば外れる

resize3569_20181229172743f09.jpg
バーミキュライトを取り外したサイドローディング扉

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
バーミキュライトが多い昨今の薪ストーブだが
確かにバーミキュライトの一長一短ですねぇ。でも好みですがもしかしたら鉄との比較すればもろい耐久性より、バーミキュライトの高い燃焼効率による恩恵、つまりはキレイな炎とか、キレイな燃焼ガス(燃焼効率など)じゃね?    お客様へのバーミキュライトにもろさを説明をしたうえで、選択して貰うというのは普通手順的な真っ当ではないのかしら!?
2019/01/05(土) 14:40:43 | URL | うさぎ #yLjmSUGw[ 編集]
ドブレの新旧 新機種
新しいのは高いわよね? 此方のほうが販売上問題ではないのですか?
2019/01/05(土) 14:49:46 | URL | 薪よう子 #yLjmSUGw[ 編集]
うさぎさま:

おっしゃる通りで、両方の一長一短を理解した上で選択していただくのが良いと思います。
2019/01/05(土) 17:01:08 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
薪よう子さま:

旧モデルに比べて高めの値段設定は、コストパフォーマンスを重視するお客様からの選択は厳しくなるでしょうね。
2019/01/05(土) 17:02:25 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
やはり個人的には耐久性かなー
先程あー、は申し上げましたが個人的にはまだ圧倒的に耐久性の重視派ですわ。笑 いちいち故障したり、部品交換など真っ平でしょう!  薪ストーブはクルマと違って移動出来ませんからね。  
2019/01/05(土) 19:18:52 | URL | うさぎ #yLjmSUGw[ 編集]
私も耐久性重視
うさぎさま:

本文中にも書いた通り、私も個人的には耐久性重視派です。
2019/01/05(土) 20:05:43 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/2401-f7306fd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック