FC2ブログ

春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
2018年最後の煙突工事がこれだ。新築中の住宅へ屋根材を葺く直前のタイミングで行った。

resize3546_2018122713331743e.jpg
ルーフィングの開口位置

resize3548.jpg
ルーフサポートに煙突を差し込んでから、野地板に固定する

resize3549.jpg
屋根上の煙突施工を完了して、この後は年明けに屋根材を葺くだけの状況

既にこの状態で5重の防水の仕様になっているので、土砂降りになっても全く問題ない。

resize3550.jpg
天井裏の煙突貫通部分はインナーサポートで固定

DSC_1476_00001.jpg
地上から見上げた様子

この現場のようなフラッシング施工の場合にはフラッシング(円錐形の板金パーツ)を煙突が貫通していて、その取り合い部分は防水テープやコーキングで処理しているので、この部分が弱点となっている。10年くらいは問題ないけど、20-30年というスパンでは、防水が切れて雨漏れの宿命がある。煙突掃除の際に定期的な点検と補修が必要な施工方法であることを認識しておいて欲しい。

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/2396-9851cff9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック