FC2ブログ

春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
この現場は、既存の薪ストーブを撤去して、二台目との入れ替えを依頼された。しかし、この煙突だと、どんな高価で高性能な薪ストーブと交換しても、本来の性能を発揮してくれず、快適には使えない。

そのため、既存の薪ストーブだけでなく、既存の煙突も撤去して、建物の棟付近の理想の位置に新規で二重断熱煙突とチムニー&角トップで設置する提案をした。結果的に薪ストーブ本体の設置位置も、この建物にベストと思われる位置となった。後日に記事で紹介するが、階段下のデッドスペースが活用できるようになった。

普通であれば、こういう「撤去」&「新設」工事の場合には、新しい薪ストーブと煙突の設置工事を終わらせてから、既存のものを撤去するのだけど、初日があいにくの雨で、外作業ができないので、室内作業のできることを先にしてしまうことにした。

IMG_20181217_083818.jpg

シングル煙突と中国製の鋳物ストーブで、壁の高い位置から抜くよくあるパターン

IMG_20181217_102443.jpg
煙突と化粧板を撤去

IMG_20181217_103817.jpg
隙間はセラミックスーパーウールで充填する

けっこうメガネ石の枠部分にも隙間があって冷気が入ってきていたので、煙突の貫通部分以外にもしっかり断熱材を充填してテープで密閉してから化粧板を取り付けた。

IMG_20181217_111134.jpg
化粧板を打ちつけて仕上げる

resize3531.jpg
見上げると、過去の歴史を物語る化粧板

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/2384-3f600fe8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック