FC2ブログ

春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
今回の札幌の現場は、年末の引渡し予定の建築中の現場だった。そのため多くの職人さんが出入りしていた。その中へ施主さんに来てもらって、設置工事の翌日に火入れして取り扱い説明を行った。火入れの際には、職人さんたちも集まってきた。薪ストーブに火が入ると、人を呼び寄せる力があると思った。

私が設置工事をした場合には、取り扱い説明にはそれなりに時間をかけている。今回も午前中の2時間程度かけて、きっちりとレクチャーしてきた。簡単に気軽に来られない遠方の現場ほど、なるべく時間をかけて丁寧に行うようにしている。その現場ごとの設置状況、薪の樹種、太さや乾燥状態などによって同じところはないので、燃え方を見ながら、そこの現場で最適と思われる方法を伝授している。薪ストーブを導入したお客様が、焚き方に悩んだり、苦労しないで、最初から迷わないで、快適に使ってくれるための最短ルート(ノウハウ)を提供している。

今回は、施主さんが自分でメンテナンスする予定なので、煙突へのアクセス経路もしっかり確保してあるし、メンテナンスの方法(煙突の取り外し方、角トップの蓋の取り外し方)も併せてレクチャーしてきた。

resize2478_2018121321442027b.jpg
施主さんもメインの薪と、焚き付けの細薪を用意してくれて準備万端

※万一に備えてナタも持参していたけど不要だった

resize2479_20181213214422979.jpg
白樺の皮が良い焚き付けになってくれた

DSC_1035_00001.jpg
薪ストーブに火が入ると生き生きとして、良い雰囲気になる

まだ建築中の現場なので、完成後の全体像のイメージがつかめないかもしれないけど、センス良くまとまって、機能的で使いやすい設置状況だと思った。きっと安心して、快適に使ってくれるだろう。

resize2477_2018121321441905b.jpg
レクチャーの日は前日の工事の時とは打って変わって、良い天気だった

何回か外に出て確認したが、燃焼中も煙突からの目視確認できる白煙はほとんど見られなかった

DSC_1041_00001.jpg
薪もしっかりと準備されている

年末年始は、薪ストーブの炎を楽しみながら、新居で幸せな時間を過ごせるだろう。

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
わが国の森林環境 広葉樹と針葉樹
北海道は自然の宝庫で最高でしょう?  さて北海道というと白樺が観光的には印象的なエリアですがと、やはり圧倒的にエゾマツ、トドマツなどの針葉樹が特に豊富です。広葉樹も写っていますが日常の針葉樹と広葉樹ではそのバランスは何対何くらいですか? 本州に多い唐松や赤松も費用対効果の高い薪で、夜間から朝までは火持ちは長くありませんが、昼間は良く乾燥させればキレイな炎を広葉樹同様に楽しめますよね。最近、広葉樹の良い薪が少なくなり、御値段も多少高くなりませんか?広葉樹を尊重した日本の薪ストーブの悪しき傾向は日本の森林事情から、そろそろ針葉樹との併用が森林環境上大事ではないでしょうかね?
2018/12/15(土) 10:53:38 | URL | 薪よう子 #yLjmSUGw[ 編集]
薪よう子さま:

針葉樹と広葉樹の比率、ぱっと見た印象では本州とあまり変わらないように思います。

おっしゃる通り、針葉樹と広葉樹を上手く使い分けるのが良いと思っています。
2018/12/15(土) 10:59:13 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
北海道や本州の針葉樹
国産では針葉樹では杉が一番多いのでした。私は広葉樹のナラとか針葉樹では松が多いのですが、杉は確保し易くて、仮に買ってもタダのように安いし、薪には如何ですか? 北海道とか寒いエリア独特の薪ストーブ生活も知りたいですね。
2018/12/15(土) 11:02:38 | URL | 薪よう子 #yLjmSUGw[ 編集]
薪よう子さま:

杉も十分薪として使えますよ。乾燥していれば、問題ないと思います。

北海道の住宅性能が良いので、小型モデルや蓄熱性が高いモデルがお勧めだと思っています。
2018/12/15(土) 11:12:11 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/2380-1148f6e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック