FC2ブログ

春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
以前、基礎工事の時に紹介した時に「オーバースペックで見たことがない」とコメントされた薪棚だけど、お客様からお金をもらって製作するとなると、このくらいのものにしないと意味がない。「DIYで製作したような強風や地震で倒れたら、また起こして元に戻せばいいや」というレベルでは仕事としては受けられない。

ファイヤーサイドの2×4ログラックを使用して、これ以上でできないくらいガッチリと作った。そうこうしているうちに見積もり金額の13万円を大幅に超えて製作の原価が15万円ほどかかってしまい、赤字になってしまった。今回の薪棚だけの単独案件ではなく、薪ストーブ設置工事をご依頼いただいたお客様だから良しとする。(薪棚だけや炉台炉壁だけの案件もたまにあるけど、見積もりの積算で、あまり高額な請求にはしてないので、ギリギリになったり赤字になりがちなので、あまり受けたくない)

DSC_0143_00001.jpg
先日作成した薪棚に、薪を0.5立米だけ納品してきた

DSC_0144_00001.jpg
屋根も薪棚の周辺300ミリづつカバーして、多少の風雨でも雨がかかるのを防いでいる

薪の最低地上高も300ミリ確保して、地面からの雨での泥はねを排除している。また、通風が良いので地面から上がってくる湿気の影響を受けずに、ラック下部の薪まで良い状態で保てるようになっている。

このように、安全性、安定性はもちろんのこと、薪の保管のノウハウを投入して設計して理想的な薪棚を作った。

DSC_0146_00001.jpg
強風に耐えるような構造にした

DSC_0147_00001.jpg
地下60センチまで埋まっている基礎に、ログラックの脚を埋め込んでコンクリートで固めて一体化させた

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
薪棚と斧とチェーンソーが薪ストーブライフの必需品
この薪棚アタマデッカチですね。お手軽なファイヤーサイドの簡易棚には不釣り合いで頑丈そうな立派さ!  そもそもこのファイヤーサイド簡易版薪棚は鉄柱と2×4の木材1セットで売っているお値段はなんぼかしら?
2018/11/11(日) 09:47:29 | URL | 薪よう子 #yLjmSUGw[ 編集]
薪よう子さま:

ファイヤーサイドログラック、木材とセットでは売られてないように思います。もしかして見落としているのかもしれませんので、ウェブページのURLを教えていただけますか?
2018/11/11(日) 10:02:25 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
ファイヤーサイドの薪ログ売値
木材は自分でホームセンターで買い足して作るんですね。単体なら幾らかな?    私なら薪棚はすべて木材を使えばもっとお安く、同等強度な棚が出来るかなー?  こういう既製品を使うなら屋根の要らないデッキとかの場所にして、屋外でならすべて木材2×4でしたほうが原価も安いかな。薪棚1t積み当たりの原価はオール込み2~30000円以下を目安にしています。
2018/11/11(日) 12:46:58 | URL | 薪よう子 #yLjmSUGw[ 編集]
薪よう子さま:

今回のコストの大半は基礎工事です。地中60センチまでコンクリートが埋まっています。
2018/11/11(日) 12:53:44 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
なるほど!
さすがぁー川原さん!  寒い地方は凍結深度が90cmはあり下が凸凹グラグラしてきますもんね。                          ケチなワタシは基礎工事まではドデカイ薪棚以外ではなかなかと神経とか手が回らず、手抜き工事ばかりにし、なまけてます。
2018/11/11(日) 15:15:17 | URL | 薪よう子 #LgoV74GI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/2343-80c55d0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック