FC2ブログ

春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
自分のモノが太くて長いのを自慢している人をよく見かける。立派に見えるし、その方が長持ちするという主張だ。

その考え方はどうなのだろう?一方的で根拠に欠けるように思える。

単純に長持ちするだけでは気持ち良くないことに気づいて欲しい。燃え上がって熱くならなければ幸せになれない。

太くて長い薪は炉内で自由に組めないので、薪の周辺の空気の流れが悪くなって不完全燃焼しやすい。低温で燻らせて煙を出すので本来は熱として部屋を暖める成分を無駄に煙突から捨てているだけだ。煙突掃除をすると、煙突のトップにフレーク状の煤が付着するので、その焚き方をしていることが判る。

一般的なサイズの薪ストーブであれば、中くらいの薪で腕位の太さで、長さは35センチ程度のサイズが最適だ。このサイズであれば、炉内で自由に立体的に組めるので空気の流れが良くなり、効率的な燃焼をする。また、太すぎる薪よりもたくさん炉内に入れることができるので、結果的に長持ちする。炉内に投入する薪の重量で決まってくるのだ。暖かく、なおかつ長持ちする。翌朝の熾火もしっかり残って再着火も楽だ。燃え残りの燻った薪とは異次元の快適さだ。

本当に良く解っている上級者の薪棚を観察すると、太過ぎではないことに気づくはずだ。薪割りしていて疲れてくると、ついつい手抜きして割る回数を減らして大割りになりがちだし、太い原木の場合錯覚もあるので特に気をつけよう。時々自分の腕のサイズ、または500ml のペットボトルのサイズに近いか比較して修正しよう。

resize3423.jpg

太過ぎの薪は、乾燥も進まないし、炉内で自由に組めず、たくさん投入できないし、良いことは何もない。そういう薪を使っている人は騙されたと思って半分程度の直径に割ってみよう。今まで太いのを1-2本入れていたのであれば、それを割った物を合計4-5本入れて同じ量で試してみよう。割ればもっとたくさん入るので、これまでよりも長持ち(火の持ち)と暖かさの両方ともが同時に改善されるはずだ。

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
斧による薪割りの礼賛!
昔は太さと長さが自慢でしたが。(笑)
長さも50cmクラスよりも積むのに面倒ですが細くて短いのが良い。

薪割り機だとかなり細かくもできますが自分はいまでも斧派です!
なぜならば薪割はゴルフと一緒で大変健康に良いスポーツだと言うことが͡この数年で分かりました。


暖炉薪ストーブ生活は気分がとても幸せになりますし
寿命が100歳まで伸びそうですわ。
2018/10/31(水) 11:10:49 | URL | うさぎ #-[ 編集]
うさぎさま:

斧での薪割りは全身運動だから、健康にも良いですね。鍛えられると思います。

薪ストーブでの健康ライフもありがたいです。
2018/10/31(水) 17:24:41 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/2331-09a41075
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック