FC2ブログ

春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
山梨県の別荘に設置した薪ストーブのメンテナンスと煙突掃除に行ってきた。

お客様が別荘に行くタイミングと、私が動けるタイミングを合わせる必要があるので、お客様と連絡してスケジュール調整した。たまたま神奈川県に煙突掃除に行く予定があったので、そちらを午前中にして、夕方から山梨と二件合理的に動くことができた。

こちらの別荘に設置されていた機種は、工務店が建物の建築時に導入する場合に、よく見かけるダッチウェストの製品「エンライトスモール」だった。

6年くらい経過してガスケット交換も依頼を受けた。これはパーツを事前に取り寄せて持参して、サクっと終わらせた。

しかし、灰受け扉の開閉がスムーズに行かない状態だった。このままの状態で放置するわけにもいかないので、調整することにした。その際、ヨーロッパの薪ストーブのネジやボルトは「ミリ」の規格だけど、アメリカは「インチ」なので規格の違う工具が必要となる。用意しておかないと手も足も出ない。ミリの工具で疑似的に無理やり近似的なサイズで当てても、薪ストーブの場合はけっこう錆びついていたり硬かったりするので、力が伝わらなかったりナメてしまったりするので、きちんと適合するサイズの工具を使った方が良い。

DSC_7804_00001.jpg
工具箱に常備しているインチの六角レンチ(その他にソケットレンチも持参している)

DSC_7803_00001.jpg
灰受け扉のハンドルがスムーズに締まらずにロックしなかったので調整した

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/2289-e56aa01f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック