FC2ブログ

春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
チェーンソーの切れ味は目立て(=刃研ぎ)の技術で決まる。いくら大排気量の有名メーカーのチェーンソーを使ったとしても、目立てができてなくて刃がきちんと切れない状態だと、いくらエンジンを回しても、なかなか切れない。

目立ては基本的には給油一回ごとにこまめに行う。目立てしないで給油後もずっと使い続けると、刃先が丸くなって全然切れなくなる。細かい粉みたいな切り屑が出てきたらNGと判断しよう。この状態だと燃費も悪くなるし、エンジンに負担がかかって寿命が極端に短くなってしまう。また、押し付けるようにしないと切れないので、作業している人間も疲れてしまう。

きちんと切れる刃だとチェーンソーの自重だけで素直に、楽に切れていくはずだ。

現場で目立てする時に目立てクランプを使わないでやる人をたまに見かけるけど、その状態だと精度良く正確な目立てが難しい。



基本はきちんとガイドバーを丸太などに固定して、ヤスリを動かした時に刃がブレないようにすると良い。クランプはそれほど高いものではないので、是非ともゲットしよう。

DSC_7583_00001.jpg
丸太の上に打ちつけた目立てクランプで、ガイドバーを固定してやる

DSC_7588_00001.jpg
研ぐ時に、刃が左右にブレないようにするのがポイント

DSC_7582_00001.jpg
刃の上側(の裏側)を研ぐようなイメージで目立てする

目立てに慣れないうちは、頑張っても切れるようにならなくて「なんだかな」という状態になることもあるだろうけど、コツを理解して、刃を一本ダメにするまで追求し続ければ、だんだん上手くなっていくと思う。(途中で諦めたらダメ)

DSC_7593_00001.jpg
きちんと目立てすれば、このように四角い削り取ったような短冊みたいな形状の切り屑になる

かわはら薪ストーブ本舗では、薪割体験だけでなく、チェーンソーの販売、およびレクチャーも行っている。当店にて、ご購入いただいた場合には、基本的な操作方法はもちろんのこと、安全に作業するコツ、メンテナンス方法まで含めてきっちりと指導している。万一の故障時の修理も承っているので、これからチェーンソーを使う人は、安心して任せて欲しい。薪ストーブの取り扱い説明はもちろんだけど、薪作りに関してもフォローできる体制になっている。

ホームセンターやネットで値段の安さだけで購入する人も多いけど、機械ものは故障することも考えて、購入先を慎重に検討した方が良い。故障時に修理がきかなかったりすること、正しい取り扱い方法のレクチャーを受けられないことなども総合的に考えると、長期的に見ると、かえって高くつくことになる。

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/2272-cf4699d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック