FC2ブログ

春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
通常は正方形のチムニーの真芯に、正方形の内壁を作成して、その中心部分に煙突を通す。シンプルで単純な設計で解りやすい。

しかし、今回の現場は、建物の構造の都合で、そのようなシンプルな形では作成できない状況だった。棟を避けて、梁や桁や垂木を避けると、長方形にオフセットさせないと煙突が通らないので、やむを得ずに変則的な形で作成することになった。

DSC_7377_00001.jpg
左側の枠が狭く、右側の枠が広い、内壁がオフセットした長方形の内壁の形状のチムニー

こんなマニアックなチムニーは初めてだ。現場合わせで、1ステップごとに慎重に確認しながら進めていかないと、とんでもないことになる。この内側の長方形の中を、外側の正方形の真芯に煙突が通るように配置する。

DSC_7374_00001.jpg
長方形の内壁の中をオフセットして煙突が通る

DSC_7373_00001.jpg
普段と違うので頭を使う必要があったが、無事に煙突がついた

DSC_7385_00001.jpg
角トップも問題なく装着できた

DSC_7389_00001.jpg
下げ振りで、二階床の煙突の貫通部分の位置を出す

実は、二階床も、チムニーと同様に単純に正方形で、開口できない状況だ。二階床を支える桁が絡んでいるので、普通に開けると桁のところにきてしまう。ここもチムニーと同じような考え方でオフセットした長方形で開口する必要がある。立体的なパズルのようで、難しい。この部分は既製品の600ミリ角の化粧板では処理できない。現場に合わせた長方形の化粧板を特注で製作することにした。

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
断熱二重煙突面と隠ぺい部内面離隔は125mm以上ありましたか?
2018/08/15(水) 08:10:11 | URL | としお #-[ 編集]
としおさま:

隠蔽部分については125ミリ確保してあります。

写真の部分は隠蔽部分ではありません。
2018/08/15(水) 11:34:34 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/2254-f2af6d6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック