FC2ブログ

春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
薪ストーブ設置工事の一番の問題は、重い薪ストーブを、どのように搬入するかにつきる。人海戦術で4人の成人男性がいれば、たいていは何とかなるけど、先日紹介したようにプロの重量物搬入業者でも2人は必要だ。

しかし、現場の環境によっては、工夫すれば一人でも何とかなる場合もある。「運搬の車を設置場所の掃き出し窓に横付けできる」という場合だ。階段があったりして、車を横づけできない場合には厳しい。なかなか、こういう恵まれた環境の現場は少ないのが実情だ。

今回の地元の千葉の案件は、たまたまクルマを横づけできる環境だったので、一人でも設置工事ができた。持ち上げないで平行移動させることがポイントだ。(持ち上げる部分は昇降式の台車を使う)

DSC_6864_00001.jpg
ベニヤを土の上に敷いて、昇降式の台車の車輪が沈みこまないようにして、車から掃き出し窓へ窓び入れる

DSC_6870_00001.jpg
とりあえず本体を室内に搬入してから、室内側の煙突を伸ばしていく

DSC_6871_00001_20180703211738a47.jpg
毛布の上にベニヤ板を乗せて、その上に薪ストーブ本体を乗せて、毛布ごと引っぱり平行移動させる

DSC_6873_00001.jpg
取り外せるパーツは、あらかじめ取り外して軽量化しておく

DSC_6875_00001.jpg
所定の場所に設置できたら、パーツを組み立てる

設置完了して、この冬の稼働を待つドブレ640CB。火入れが楽しみだ。

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/2223-6dad2c22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック