FC2ブログ

春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
富山での煙突工事の手直しの動きにからめて、そこまで行く途中の長野の新築現場の状況確認もしてきた。幸い同じ方向のルート内で同時に複数の案件をこなすことができて、合理的な動きができてラッキーだった。長野の方は新築工事のために、工事の進捗状況に合わせて動かなければならず、先に決まっていた富山の訪問予定に合うかどうかは、その時にならないと判らなかったのだ。

現場に到着したら、煙突固定金具用の木下地の位置や、チムニーの寸法をチェックした。後日、煙突工事の予定だけど、持参した煙突固定金具だけ、先につけておいて、事前にできることをなるべく済ませておいた。この後に板金屋さんがチムニーの外壁の工事に入るので、最悪の場合にその工事と絡んでしまい作業が滞る可能性があるので、そういうことを避けるためだ。

新築で完成間際、完成見学会の直前のタイトスケジュールなので、天候の問題もあって、作業できる時が限定されている。雨だと作業しにくい部分なので晴れている時、他の職方が入ってないタイミングは貴重なチャンスなのだ。

resize2148_201806051333571fe.jpg
現場に到着

resize2151_20180605133402c5f.jpg
吹き抜けに室内足場が組まれていて、これから天井と壁面を左官屋さんが塗るという状況だった

resize2150_2018060513340006d.jpg
この足場があるうちに煙突工事もしてしまわないと、手遅れになる

resize2149_201806051333583fc.jpg
煙突固定金具用の木下地もOK

resize2152_201806051334038b0.jpg
チムニーの仮蓋を取り外して、固定金具を取り付けて、下げ降りを垂らす

resize2153_20180605133902c29.jpg
下げ降りの位置に合わせて、天井裏の固定金具を取り付ける

室内側は吹き抜けの天井と壁面を漆喰塗りをしている、左官屋さんと若干作業が絡んでしまったが、何とかこなすことができた。室内足場を使い終わった左官屋さんが床面に降りた段階で、私が足場を利用したので吹き抜けの上部で私が作業、下部で左官屋さんが作業という形で、お互いにやりにくかった。

このように新築工事の引き渡し間際で、複数の職方が絡むと、すごくやりにくい。現場監督が、それぞれの動きが絡まないように、煙突工事のために足場のある一日を煙突工事のために確保と、きっちり指揮を取ってくれると助かるのだけど、普通の工務店だと、煙突工事は「おまけ」程度に考えていて、そこまで考慮してくれないケースが多い。引き渡しの工期が迫っていると、そうしようとしても、なかなか難しいのが実情だと思う。

とりあえずは、初日の現場での打ち合わせ前に、ここまでやっておいて、必要部材を発注して、後日また続きを行う予定。発注しても、部材がすぐに現場に届くわけではないので、発注後、富山に移動して、先日のブログの記事でも紹介した「頭の中はいつも薪ちゃん」の現場を終えて、折り返し戻ってきてから、続きを行う作戦だ。

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/2198-82134a74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック