FC2ブログ

春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
室内側からブラシを上方向に突いただけで、煙突掃除したような気になっている人も多い。

しかし、その方法では、そもそも物理的にブラシが届かない形状やサイズの煙突トップの場合には、煙突の筒の中だけ掃除しているだけなので、完全にはできずに、やがてトップが詰まってしまうということになる。数年間はユーザーが自分でその方法でやっていても、薪ストーブがきちんと燃えなくなって、呼ばれて確認したら「トップの網が煤で詰まっていた」ということがある。

また、屋根に登らないと、煙突本体の雨仕舞いを目視確認できない。他社施工の現場で、煙突掃除の際に、新築後10年以上経過したチムニー下端の板金のコーキングが劣化して穴が開いてしまっているところを発見した。

DSC_6488_00001.jpg
薄くなったコーキングが劣化して穴が開いていた

DSC_6491_00001.jpg
雨水が入り込まないように応急処置しておいた

このように、屋根の上から煙突掃除するからこそ、発見できる異常もある。煙突掃除やメンテナンスの際に、室内側からお茶を濁しただけでは、発見が遅れて雨漏れがひどくなって、室内に水が沁み込むまで見つからないということになる。

さらに屋根の上から煤を薪ストーブの炉内に落とす方法は、室内側への煤の飛散が少ない。

このように、屋根の上から突掃除することのメリットも大きい。これから、薪ストーブのある家を建てる場合には、煙突へのアクセス性、メンテナンス性をきちんと考えて設計しよう。(安全に煙突トップを目視確認、メンテナンス、煙突掃除の作業ができるのがベストだ)

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
いやはや、耳の痛いお話です。苦笑

でも、安心安全な使用には代えられませんしね。
2018/06/15(金) 14:35:47 | URL | ガヤ #ntCWGXuI[ 編集]
ガヤさま:

手抜きすればいくらでもできるのですが、その分のしっぺ返しがありますからねぇ。

どこを目指すかは人それぞれで強制はできませんが「安心」「安全」を心掛けたいですね。
2018/06/15(金) 15:16:07 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/2195-ade921eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック