FC2ブログ

春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
伊豆高原の高台で海が見下ろせる絶好のロケーション。ここに薪ストーブのある家を建てるという相談を受けていた。いよいよ着工になり基礎工事がはじまって動きが具体的になってきた。まずは現場の場所と状況を確認してきた。

設計図面で、ある程度は家そのものの構造は判るけれども、周辺の道路状況、隣家との位置関係、道路状況、駐車状況や搬入動線などは、実際に現場に行かないと、認識、把握できない。別荘地特有の個別の状況があるので、スムーズに確実に工事を行うために、事前にチェックしておいた方が無難なのだ。(現場に横づけできる状態で、どの程度のサイズの車が停められるかどうかは、重量物である薪ストーブ本体の搬入時には特に重要な確認事項だ)

resize2118.jpg
道路分岐左側の軽バンが停まっている場所が現場

車が一台やっと通れる道で、なおかつ一台しか、現場には横付けできない。奥にも家があるので、道路への二重駐車は不可。薪ストーブの搬入や煙突工事の時は、他の施工業者と重ならないように調整が必要だと思った。(複数の業者が入り乱れたら修羅場にないそうな感じ)

resize2119.jpg
道路の奥方向から(上の写真と反対側から撮影)

軽自動車を一台停めたら、道路は、他の車が通行するのにギリギリの状況だった・・・。

resize2120.jpg
傾斜地なので、大規模な基礎工事だ

resize2117.jpg
この景色を眺めながら薪ストーブを焚くのが楽しみだ

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
あらっ、伊豆高原なら奥さん実家があるんでよく遊びに行っています。
同じ別荘地区なら案外ご近所かもしれないですね。
伊豆高原は薪ストーブ率が結構高いですよね。
春夏に行くのがメインなので煙突から煙出てるの見たことないけど。
2018/05/25(金) 09:16:08 | URL | えちぢ #CNtCm3fU[ 編集]
えちぢさま:

おお!そうなのですね。

今度は冬に行って、ぜひ煙突から煙を出ているところを見てみましょう!
2018/05/25(金) 20:23:58 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/2174-019a0d62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック