春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
小型ストーブのHeta45Hは炉内が小さいので炉内料理はなかなか厳しいけど、それでもギリギリ五徳とピアットが入るので、その気になれば可能だ。手元にピザの材料がなかったので、チーズトーストを作って実証実験。





数時間、しっかり焚いて熾火が十分にできて熱を炉内に溜め込んだ状況で行う。この時期だと、肌寒い休日の朝に焚くと、昼くらいにはもう追加薪を入れないで、鎮火方向に向かわせるだろう。そんな時の昼食(またはブランチ)のタイミングくらいがちょうど良いと思う。

トーストの場合は、ピザとは違って燻製みたいな煙の匂いがつかない方が良いので敢えて熾火のみの状態で、薪から炎が立ち上がっている状態ではない時に焼いた。(ピザの場合は少し炎が立ち上がっているくらいの状態の方が良い)

炉内の熾火を片側に寄せて、その反対側に五徳をセット。食材がピアットにくっつくと底が焦げるので、適当な足つきの金網で浮かしてやるのがポイント。

DSC_5318_00001.jpg
Heta45Hの炉内にギリギリ入る五徳とピアット

DSC_5324_00001_01.jpg
鉄板に直接パンがくっついていると焦げるので浮かしてやる

DSC_5320_00001.jpg
パンの表面がキツネ色になってチーズが溶けたら完成

DSC_5326_00001.jpg
絶妙な焼き加減

DSC_5325_00001.jpg
気になる裏面の状態

美味しく焼けて、Heta45Hでも炉内調理ができることが確認できた。中型や大型のストーブよりも余裕がないので少し難しいけれども、その気になれば道具を揃えてピザ程度なら楽しむことができる。

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/2119-e4922267
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック