FC2ブログ

春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
AKIMIXの燃焼室のバッフルプレート(炎の折り返し板)や燃焼ポットが簡単に取り外せるというのは言うまでもないが、意外とそういうこところができない機種も多い。

またペレット兼用機ということで電気機構、モーターや駆動パーツのメンテナンス性も販売店としては気になるポイントだ。これまで他社製で背面パネルを外さないとできない(つまり実質的には本体を動かす必要がある)で、苦労した経験があるから、この点もしっかりとチェックした。メンテナンス性の良し悪しは、実際にこうして分解してチェックしてみないと判らないことなので、実機に触れる機会を得られるのは貴重だ。(カタログやメーカーサイトの情報だと、そこまで詳しく書かれていることは少ない)

resize3087_20180302145159b39.jpg
本体右側面のメンテナンス用のパネルは10ミリのレンチで簡単に取り外せる

resize3088_20180302145152ab6.jpg
駆動モーターとギアにすぐにアクセスできる

resize3090_20180302145141609.jpg
万一の故障時にも簡単に部品交換して修理できるシンプルな構造

今回、複数回に渡って、薪とペレットのハイブリッドモデルのINVICTA(アンビクタ)のAKIMIX(アキミックス)のレポートをしたが、いかがだろうか?

もちろん、この機種も、かわはら薪ストーブ本舗でも取り扱い可能だ。定価は税別55万円なので、高めの値段設定の単純な薪ストーブ専用機と同じくらいなので、手が届かないほどではないだろう。興味ある人は薪もペレットも、どちらも燃やせるユニークなハイブリット機のAKIMIX(アキミックス)を選択肢の一つに加えてみてはどうだろうか?

輸入元のエコレットカンパニーの高山社長のブログでも、かわはら薪ストーブ本舗でのデモの様子のレポートがある。燃焼の様子も動画でも紹介されているので、チェックしてみよう。
http://ecollet.blogspot.jp/2018/02/blog-post.html



【↓ 一日一回、訪問のしるしにポチっとクリック(タップ)いただけると幸いです 】
ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/2096-7093b7fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック