春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
全国各地に薪ストーブ設置工事に出かけた際に、それぞれの土地の地酒を楽しんでいる。

実は、私が住んでいるのと同じ千葉県山武市にも「寒菊」(かんきく)という酒蔵があるのだけど、これまで灯台下暗しで行ったことがかなかった。近所だから、なかなか「わざわざ出かける」ということがなく「いつでも行ける」と思ってしまうのだ。

たまたま、先日の薪ストーブ設置工事の打ち合わせの新築中の現場に行った時に、すぐ近くだったので、帰り道に立ち寄ってみた。

そこで目についたお酒をとりあえず買ってきて、帰ってから薪ストーブの前で飲んでみた。さすがに酒蔵で造られて、併設店舗の冷蔵庫で売られているだけに、運送途中や倉庫で高温多湿にさらされがちなスーパーで買ったものとは違って品質管理、温度管理がしっかりしているせいか、とても美味しく感じられた。

resize2982_201802112100425a6.jpg
普通の味ではつまらないので個性あるIPAを選択

resize2983_201802112100445f1.jpg
ラベルもIPAの由来を感じさせていてセンスを感じる

resize2984_20180211210057298.jpg
濾過しないで瓶詰めされたもの

resize2985.jpg
直汲みの限定バージョンの生酒

かわはら薪ストーブ本舗に遊びに来たら、帰りにぜひとも、この酒蔵に寄って、限定バージョンをお土産にゲットして欲しい。

寒菊銘醸



【↓ 一日一回、訪問のしるしにポチっとクリック(タップ)いただけると幸いです 】
ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/2080-18a8adeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック