春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
薪ストーブシーズン終盤だ。最も寒い時期を乗り切るための2年乾燥薪の配達が続いている。

乾燥不足の薪を焚いても、炉内で水分が蒸発するために熱が奪われて、部屋が温まらないし、燃え方もイマイチで悲しくなる。煤や煙も大量発生する。最悪の場合には煙突に付着した煤に引火して、煙突トップから火炎放射器のように炎が噴き上げる「煙道火災」となる。その際、煙突の表面温度は1000℃近くになり、貫通部分の木部が発火して火災になる。この時期、必ず複数の実例を見聞きする。(今シーズンも煙道火災の現場に行ったし、相談も受けた。)

薪の乾燥を甘くみないで欲しい。燃え方がイマイチと感じたら、シーズン終了を待たずに使用を中止して煙突掃除することを強く推奨する。

使っている薪の乾燥に疑問を感じたら、ホンモノの乾燥薪の実力を知るために、究極の2年乾燥薪を一度試してみて欲しい。

IMG_20180207_162401.jpg
メッシュパレットボックスに横付けして薪を積み込む

IMG_20180207_163954.jpg
ガッツリ積み込んで配達に向かう

【↓ 一日一回、訪問のしるしにポチっとクリック(タップ)いただけると幸いです 】
ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/2076-f54464e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック