春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
昨日紹介した薪ラックだけど、箱に入ったままだとイメージが湧かないので、一個出して、ツーバイフォー材を差し込んでコンクリートブロックの上に乗せて実際に使う状態を見られるように薪を入れてみた。

resize2965_20180208133351566.jpg
全体像はこんな感じ

resize2966_20180208133346cad.jpg
設置したい場所にコンクリートブロックを置いて、その上に任意の長さのツーバイフォー材を差し込むだけ

resize2967_201802081333557ec.jpg
側面から見た状態

resize2969_20180208133356ad4.jpg
薪を入れないとスカスカで寂しいし、イメージが湧かないので、実際に収納してみた(約1立米)

resize2968_20180208133358971.jpg
正面から見たところ

設置したい場所の寸法に合わせたツーバイフォー材2本と、長さに応じたコンクリートブロックを用意するだけで、工具なしで手軽に簡単にできる。気合を入れずに設計図なども必要なく誰にでもサクっと薪棚を作れる。

薪の重みで薪ラックが多少は外側にずれるので、差し込んだツーバイフォー材の端ではく10センチ以上外側に出るように組み立てるのが良い。基本的には工具やビスは不要だけど、薪を積み込んで広がった時点で、ツーバイフォー材のラックの外側接する場所に木ネジを打ち込んでおけば、さらに安心だ。

雨の当たらないウッドデッキなどであれば、このままでも良いし、屋外であればパイプに金具を使って、工夫して屋根をかけたり、シートをかけて雨が当たらないようにすれば良いと思う。

【↓ 一日一回、訪問のしるしにポチっとクリック(タップ)いただけると幸いです 】
ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/2071-d96e39a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック