FC2ブログ

春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
エイトノットを設置したお客様宅では、現在、薪棚を作成中。まだ柱や屋根ができていない土台だけの状況だったけど、とりあえず先行して薪を納品した。

薪棚を製作する場合には、可能であれば、地面から300ミリ程度浮かしたい。また屋根をかける場合の庇(ひさし)も同様に薪の位置から300ミリ程度は出しておきたい。意外と庇をギリギリで作ってしまいがちだけど、地面に当たった雨粒が飛び跳ねたり、屋根から垂れた水滴が風で当たる。これが意外と薪に対するダメージを与えるので、雨水を防ぐことは極めて重要だ。

薪ストーブをメインの暖房器具として使う場合には、大量の薪が必要になる。搬入動線、日当たり、風通しなど含めて総合的に考えよう。無視して適当に作ると、後になって時間的ロスが大きくなる。

IMG_20180201_111548.jpg
昭和3年上棟の古民家が薪ストーブで蘇った

IMG_20180201_111518.jpg
車を横づけできる位置に薪棚建設中

IMG_20180201_113659.jpg
ガッツリと2年乾燥の極上薪を1立米収納した

IMG_20180201_113952.jpg
とりあえずはブルーシートで養生

【↓一日に一回、ブログチェックの際に、クリック(タップ)して訪問の足跡をつけていただけるとうれしいです♪】

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/2069-571b1030
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック